主婦業&パートの仕事の隙間時間に、シュフティでさらなる世界を広げたい!

ユーザー様写真

ユーザー名:3923candy さん

「仕事探しといえば求人雑誌を見たり、ハローワークへ行ったりするのが当たり前だと思っていました」と話すのは、シュフティのワーカーとして活躍する3923candyさん。
主婦業とパートタイムの仕事を両立してきた中で、ある時クラウドソーシングと出会い衝撃を受けたのだとか。
そのスタート時から現在どのように活用しているのか、今後の夢までを語っていただきました。

― シュフティなどのクラウドソーシングの存在を知ったのは、何がきっかけだったのですか?

今から4年ほど前ですが、主婦業のかたわら、週に3日ほどパートとしてベンチャー企業で働いていました。
業務は一般事務で、そこで初めて「クラウドソーシングというものがある」と教えてもらいました。

その存在を知った時はものすごい衝撃で…! 私の世代感覚からすると、ネット上で仕事を探して顔を合わせることなく仕事を完了するなんて、考えられなかったです。

― 考えられない!と衝撃を受けて、でもクラウドソーシングに挑戦してみようと思ったのはなぜですか?

その企業もクラウドソーシングを利用して業務を外注していましたし、もともと好奇心が強いので、チャレンジしてみようかな!と。
でも、初めてクラウドソーシングのサイトを見た時は、何が何だかさっぱりわからなくて(笑)。
なんとなく使っていくうちに勝手がわかってきて、いくつかサイトを試す中でシュフティのことも知り、利用するようになりました。

シュフティはサイトの雰囲気がやわらかく、未経験の人でも入っていきやすい印象です。
手数料が他サイトと比較して低いのも嬉しいポイントです。

― シュフティではどのような案件を引き受けることが多いですか? 

最初に受注したのは確か、エステの体験レビューでした。
指定されたエステでトリートメントを受け、写真も自前で撮影しながら、体験した内容や感想を書く仕事です。

その後も同じように体験レビューやモニターの案件が多いです。
自分が体験したことを感じたままに書く仕事が、私にとっては最もやりやすく、何より楽しいので気に入っています。

また、インタビューを受ける仕事も好きです。
企業の新事業や新商品のリサーチのためのインタビューなどを受けると、その事業や商品を応援したくなるし、自身の日々の暮らしが思いがけず役に立っていると実感できると、やりがいも感じます。

わずかな仕事量でもOK。臨機応変で働けるのがいいところ

― クラウドソーシングのメリットは、どのような点だと思いますか?

まずは、仕事探しがとにかく手軽だという点ですね。
求人雑誌を買う必要もなく、ハローワークに行く時間も必要ない。
スマホさえあれば探せる手軽さは、本当に驚きです。

私自身は子どもが大学生と高校生ですので、ある程度手は離れていますが、小さなお子さんがいる方や介護をされている方などにとっては、とても助かるのではないでしょうか。

― 育児や家事との両立という面では、シュフティの仕事はやりやすいですか?

私は現在は小学校の支援員の仕事をしながら、隙間時間にシュフティを利用しています。
ですから、生業はもとより副業にも満たないほどの仕事量ですが、それでもOKなのがクラウドソーシングのいいところ。

長時間は無理だけど少しでもデスクワークをしたい、空いている時間でちょっとでもお小遣い稼ぎをしたい。
そんな希望が叶うのですから、育児や家事とも両立しやすいと思います。

臨機応変が可能になる柔軟性の高さは、クラウドソーシングの魅力のひとつですね。

― シュフティでお仕事をする3923candyさんに対するご家族の反応は、いかがですか?

娘は今インターンとして企業で働いていて、帰宅後も仕事をしていることがあるので、彼女に負けていられないぞという気持ちで一緒に頑張っています。
モニター案件などでBefore・Afterの写真を撮る時は夫に協力して撮ってもらうのですが、掲載されたものを「あなたが撮ってくれた写真だよ」と言って見せると、恥ずかしいと言いながら嬉しそうですね(笑)。

家族に協力してもらいながら楽しんで仕事をしていますが、案件をあれこれ詰め込みすぎないことは心がけています。
欲張った結果、家事が進まずにイライラしてしまうのは自分にとっても家族にとってもよくないので。

オン・オフのメリハリをつけること、無理をしないことは大切だと思います。

f:id:syb02045:20190904190337j:plain

 ― これから挑戦してみたいこと、やってみたい案件はありますか?

子どもたちが自立するまであと数年。
今、自分の人生の岐路が来ていると感じています。

娘が仕事を頑張っている姿を見て、私も少しずつ何か身に着けてゆきたいと、アロマテラピーやイラストなど興味のあるものから勉強を始めています。
日本人にあまり知られていない海外の城や古城ホテルも気になっていて、現地へ行き取材して、紹介する記事を書いてみたいと思いリサーチしているところでもあります。
そうやって勉強していったことを、今後シュフティの案件でも活かせればいいなと思います。

あとはこれまで通り、自分の生活に根ざした案件をコツコツ続けていきたいですね。
最近はハイスキルの案件が増えているような印象もあるので、市場調査やユーザーインタビューなど、主婦ならではの視点を活かせる仕事もより一層増えていくことをシュフティに期待しています!

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.