この春から動き出す「働き方改革」はクラウドソーシングと好相性!

f:id:k_kamon:20190401174107j:plain

いよいよ本格始動の「働き方改革」。この新年度には「働き方改革関連法」が順次施行となります。これらの法律によって企業はこれまで以上に、より具体的かつ力を入れて、働き方の改善に取り組む必要が出てきています。そこで改めて知っておきたいのが、クラウドソーシングと企業の働き方改革との関係性。クラウドソーシングが、あなたの会社の働き方改革実現の、切り札のひとつになるかもしれません。

働き方改革関連法案。労働時間法制の見直しで変わるのは?

 

上限のなかった残業時間を月45時間、年360時間以内に規制

法律の施行で大きくテコ入れされるのが、長時間労働の是正。企業はこの4月から(中小企業は翌年の4月から)、残業時間の上限が規制されます。これまでは労働基準法の中で規制のなかった、極端に言えば「無制限」であり長時間労働をするための「抜け穴」でもあった残業時間が、今後は「原則月45時間以内、年360時間以内」となります。1日に換算すると、法律で許される残業は毎日約2時間程度。例外(臨時の避けられない事情がある場合など)も設けられていますが、それでも複数月の平均が月80時間以内、年720時間以内と、しっかり上限が定められています。

 

有休取得、労働時間の適正管理も義務化される

労働時間を見直す法律は、残業規制に関するものだけではありません。

まず、1人につき年間で5日間の年次有給休暇の取得が義務化されます。制度としては有休があっても実際には使わずに(もしくは会社が使わせずに)終わる・・・こうしたことはもう認められません。また、勤務間インターバル制度の促進も今回の法律に含まれています。勤務間インターバルというのは、前日の終業時間から翌日の始業時間までに決められた休息時間を確保しなければならないという仕組みです。そして、労働時間や休暇の取得などを個人や現場の裁量でごまかすことができないように、法律の中では労働時間の管理についても客観性を保てるよう企業に義務づけています。

子育てや介護などさまざまな制約がある人も働きやすく

さらに今回の労働時間法制の見直しは、単純に労働時間を短縮することだけでなく、多様で柔軟な働き方の実現もめざして行われています。 

それを象徴していると言えるのが、フレックスタイム制度の拡充です。具体的にどのようなことが変わるのかと言うと、労働時間の清算期間が1ヶ月から3ヶ月に延長されるという点です。3ヶ月間の中で勤務時間の調整ができるようになるので、例えば子どもの夏休みなどの時期には働く時間をやや短くし、その分3ヶ月以内のどこかで長めに働くといった調整もしやすくなります。

クラウドソーシングを働き方改革に利用してほしい理由

f:id:k_kamon:20190401174046j:plain

職場の体制見直しに役立つクラウドソーシング

ご紹介した有休の義務付けやフレックスタイム制の拡充などは、中小企業もこの春から施行の対象となります(残業時間の上限規定は施行時期が異なる)。この機会をポジティブに捉え、職場の体制を見直したいと考えている企業の方には、ぜひクラウドソーシングを体制見直しのサポートのひとつとして視野に入れてほしいと思います。クラウドソーシングの導入は社員が抱えている業務のコンパクト化に役立ち、労働時間の削減につながります。

社外に依頼することで社内に好影響を与える業務を探そう

仕事をつぶさに洗い出してみると、かならずしも社員が担う必要のない業務というのが、実はたくさん存在します。また、社員が行う専門性の高い業務の中でも、部分的に外のプロフェッショナルに任せることで効率が上がり、スピード感が増すような仕事も多くあります。そのような業務にクラウドソーシングを利用すれば、社員の負担を減らすことができ、モチベーションや生産性を上げていくことも期待できます。

「クラウドソーシングは品質が不安」は思い込み

社員が担っていた業務をクラウドソーシングで依頼するのは、クオリティ面で不安があると考える人もいるかもしれません。当然、クラウドソーシングにおける受注者のスキルはさまざまです。なかには「レベルに達しない」という受注者もいるでしょうし、反対に「期待以上の仕事をしてくれる」という人に巡り会うこともあります。発注のコツなどを知り、クライアントとして留意すべき点を押さえれば、成果によほどのズレは生まれません。懐疑的になるあまりクラウドソーシングを利用しないというのは、少々もったいないことのように思います。

メリットは労働時間の削減だけではない

ルーチンの事務作業であれば、『シュフティ』のようにメインとして事務案件を多く扱い、事務作業に精通したワーカーが多く揃うクラウドソーシングを利用するのもひとつの手です。また、専門的なスキルを求めるような仕事、ビジネス経験が求められるような仕事でも、クラウドソーシングは大いに役立ちます。ビジネス経験の豊富なワーカーもたくさんいますし、なかには副業としてクラウドソーシングで仕事をしている現役会社員もいます。業務の一部をそのような人たちに切り出して依頼することができれば、労働時間の削減といった視点だけでなく、事業をしていくうえでも大きな戦力となり、メリットとなるのではないでしょうか。

法律が動き出し、働き方改革はもう他人事ではなくなっています。今すぐに始められる対策のひとつとして、クラウドソーシングを取り入れない手はありません。新年度、働き方改革の第一歩として、始めてみてはいかがでしょうか。

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.