ネットで内職を探したい時、どんなサイトで探せばいい?

f:id:k_kamon:20190319104334j:plain

みなさんは「内職」と聞いてどのようなイメージを思い描くでしょうか? 部品を組み立てたりする、家計を助けたい人が自宅で細々とやる・・・など、何となくは理解していても、実際にはあまり馴染みがないという人も多いかもしれません。ところが今、内職のあり方は変化してきており、専門サイトなどの登場もあって心理的にも物理的にも「内職」をするハードルは低くなってきているようです。

ネットが働き方の選択肢を広げ「内職」のハードルも下げた

 昨今、内職のあり方が変わってきたその理由はいくつか考えられますが、ひとつには、働き方の選択肢が広がり、仕事への価値観や捉え方がより多様化したことがあると言えるのではないでしょうか。「内職=外で働けない人がやむを得ず行う仕事」ではなくなってきているように感じます。そのような多様な働き方を実現させる一因でもあり、「内職」のハードルを下げることにも寄与しているのは、言うまでもなくインターネットの普及です。今や内職もネットのサイトで探し、受注する時代となっています。

内職を探すためのさまざまなサイト

f:id:k_kamon:20190319104316j:plain

内職の求人に特化した専門サイトは玉石混淆

では、内職を探せるサイトにはどのようなものがあるのでしょうか。いくつかのパターンを紹介してみたいと思います。

まず冒頭でも述べた、内職の求人のみを紹介する専門サイトです。内職に特化しているため、合理的であるというのがメリットです。ただ、こうしたサイトはネット上に乱立しており、きちんとした運営会社が運営するサイトももちろんありますが、中にはサイトの運営元がはっきりせず信頼性に欠けるものもたくさんあります。そのようなサイトでは求人掲載をする際の確認機能がないケースも多いため(精査せずにすべてを掲載するなど)、悪質な求人が掲載される可能性もあります。信頼性の低いサイトでは、何かトラブルに巻き込まれても自己責任となる場合がほとんどですので注意が必要です。しっかりとサイトの運営元を確かめて、信頼できるサイトで探すことが大切です。

 地域によっては自治体サイトで求人情報を提供している

続いて紹介するのは、自治体の公式サイトというパターンです。全国すべてではありませんが、公式サイトにおいて地域の内職の求人情報を提供している都道府県および市町村もあります。例えば筆者が住んでいる千葉県では、県のホームページの「しごと」関連のコンテンツ内に内職の求人が掲載されています。仲介ではなく、自治体が行うのはあくまで情報提供。応募や詳細のやりとりは当人が責任をもって直接発注元と行うことになります。自治体の公式サイトで紹介されている場合、身元のはっきりとしない事業者が斡旋される可能性は低いので、その点は安心して引き受けられるのではないでしょうか。まずは自身の地域のホームページで情報が提供されているか、確認してみましょう。

一般的な求人サイトにも内職仕事はあるが勤務形態に注意

一般的なアルバイト求人サイトでも、内職系の求人の紹介はあります。例えば「シール貼りで日給○○円」「封筒入れで月に△△円」といったものです。アルバイト求人サイトは大手が運営しているものも多く、安心して応募できるのがメリット。ただ、こうしたサイトで募集されている内職系の仕事は必ずしも「在宅」ではなく、倉庫や工場に出勤する必要があるケースも多く含まれています。一般的にイメージされるような在宅で行う内職とは条件が違ってきますので、その点を加味して、自身に合った内職のスタイルを考えたうえで利用するとよいでしょう。

 

クラウドソーシングは内職だけでなく仕事の幅を広げやすい

クラウドソーシングサイトの中にも、内職の案件を取り扱っているものはあります。クラウドソーシングの場合とくに多いのが、オンラインショップ関連の検品、梱包、発送といった内職。一般的な内職に比べて作業にやや手間がかかるぶん、工賃が高く設定されていることが多く、1点数円といった内職よりもまとまった金額を稼ぎやすいのが魅力です。また、クラウドソーシングなら一度登録すればさまざまな案件にスムーズに応募できるため、隙間時間をより効率よく仕事にあてられます。内職をしながら、データ入力などその他の単純作業を同時に引き受けることも難しくありません。幅広い仕事からフィットするものを選ぶことができるのでおすすめです。

 納得できる案件を見つけたら、早速スタートしてみよう 

内職を探すためのサイトにはいくつかのパターンがあり、メリットもそれぞれ異なります。いずれにしても、どのような事業者のどのような仕事であり、条件の詳細はどうなっているのかなど、しっかりと事前確認し、気になる点はクリアしておくことが重要。クラウドソーシングなら比較的気軽にスタートしやすいので、ぜひ早速始めてみてはいかがでしょうか。

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.