背景を知って納得! 在宅ワークが「働き方改革」にフィットする理由

f:id:k_kamon:20190118112241j:plain

ここ数年のあいだに浸透した「働き方改革」というワード。今、働く人を取り巻く環境は激動の時代の最中にあります。働き方改革は何をめざして取り組まれ、働き方が実際にどのように変わっているのか。在宅ワークとの関係性を交えて、働き方改革について改めておさらいしてみましょう。

「働き方改革」が始まった背景と現在までの流れ

そもそも今なぜ「働き方改革」なのか?

もともと働き方改革を必要とした背景には、日本が直面している「少子高齢化に伴う生産年齢人口(労働人口)の減少」が大きくあります。時代の変化に伴い価値観や人生観が多様化する中で、働き方に関しても、これまで以上に多様性が求められてきたことも影響しています。多様な働き方が実現すれば、自ずと働きたい人や働ける人が増え、労働人口の増加につながると考えられます。これまでステレオタイプとされてきた働き方にメスを入れ、より良い労働市場を作っていくことは国を挙げての喫緊の課題なのです。

企業では長時間労働の是正、多様な働き方の推進などがスタート

国の動きとしては、2016年の9月に「働き方改革実現推進室」が内閣官房に設置され、2018年の6月末には「働き方改革関連法案(正式名称は働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)」が成立しました。こうした動きを受けて、多くの企業が、長時間労働の是正、多様な働き方を実現するための施策(副業解禁を含む)、ハラスメント防止対策などさまざまな改革に取り組み始めています。

会社員ではない在宅ワークがなぜ「働き方改革」に有効なのか?

f:id:k_kamon:20190118112247j:plain

会社員以外の働き方も含めての「働き方改革」

この働き方改革、ポイントはいわゆる「サラリーマン」の働き方にとどまらないことです。一億総活躍と掲げているくらいですから、改革のターゲットは会社員のみではありません。国としては、会社員以外の選択肢も含めた働き方ができる社会へと舵をきっています。その理由は、先述したように多様な働き方の実現なくして労働人口を確保することは、少子高齢化の日本では困難であるから。働き方に多様性と柔軟性が生まれれば、これまでさまざまな理由で“働きたいけれど働けない”状態であった人たちも、仕事を持ちやすくなります。例えば、子育てと仕事の両立が難しくて離職した人、介護や通院など制約があって仕事を続けられなかった人。また、定年退職を迎えたけれど仕事を続けたいシニア層などもそうです。

在宅ワークは多様な働き方のひとつの主流に

では、会社員ではない「多様な働き方」には、どのような働き方があるのでしょうか。多様と言うくらいですから形態は実にさまざま。ただ、その中でもクラウドソーシングを利用しての在宅ワークというスタイルは、ひとつの主流になりつつあると言えるでしょう。フリーランスとして働く人の中にも、この在宅ワークを選択して仕事をする人が大勢います。

制約がある人でも働きやすいのが在宅ワーク

クラウドソーシングを利用した在宅ワークは、働き方改革の課題解決に非常にフィットしています。在宅ワークの最大のポイントは、時間や場所を選ばずに働けること。家にいながら隙間時間でも働くことができるため、子育てなど制約がある中で時間を有効に使って仕事をしたい人にとって挑戦しやすい働き方です。また、現在のシニア世代であればパソコン操作に慣れている人も多いので、定年退職後のシニア層の活躍の場としても適しています。もちろん会社員が副業として在宅ワークをするのであれば、本業のビジネススキルを大いに活かして働くことができるでしょう。

国も在宅ワークに期待し、ガイドラインを強化・改定

柔軟な働き方を後押しする在宅ワークには政府も期待を寄せており、働き方改革の一端として、在宅ワークのサポートに(発注する企業側・受注する労働者側の双方に対して)取り組み始めています。2018年2月には、増加するクラウドソーシング利用者の現状を踏まえ、在宅ワークに関わるガイドラインの改定も行われました。

自分の人生を豊かにするための働き方改革を

ここまで、働き方改革と新しい働き方のひとつである在宅ワークについて紹介してきました。働き方改革の原点には労働人口の確保という大きな課題があります。ただ、単純に働く人の数を増やせばいいというわけではありません。働く人それぞれが自分自身で納得のいく働き方を選択し、より豊かな人生を歩んでいくことも、働き方改革の大切な目的です。ぜひこの機会に、あなたにとっての「働き方改革」とは何かを考えてみてはいかがでしょうか。

出典:厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyoukintou/zaitaku/index.html

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.