在宅ワークでも安心して働ける!クラウドソーシングの取引の仕組みとは?

f:id:k_kamon:20190111115433j:plain

在宅ワークを始めたいけれど、個人的な取引はなんとなく不安で手が出せないという話をよく耳にします。とくに、仕事経験が少なくビジネス上のやりとりに不慣れな人は「知らない相手に騙されるのではないか」と不安を感じやすいようです。そんな中クラウドソーシングは、安心してやりとりができるように、さまざまな仕組みが整えられています。

クラウドソーシング=発注側の得体がわからず不安?

きちんと報酬がもらえる?個人情報を悪用されない?などの不安

クラウドソーシングとは、インターネットサイト上で在宅ワーク案件と人材をマッチングすること。雇用関係は発生せず、業務委託として個人的にクライアントから仕事を引き受けることになります。クライアントのスケールは企業(法人)から個人までさまざまです。 

クラウドソーシングだって、顔が見えない相手とやり取りをするのだから不安・・・そう感じる方もいるかもしれません。確かに顔を合わせて仕事の受発注を行う場合は、相手や仕事の雰囲気をある程度掴むことができますし、顔見知りになったという安心感も得られます。一方で、相手の顔も名前も知らない、どんなクライアントかわからないという中で在宅ワークとなると、「きちんと報酬を支払ってもらえるのか」「不当な扱いを受けるのではないか」「想像していた仕事と違うことをさせられないか」「個人情報を悪用されないか」など、ついネガティブな想像をしてしまいがちです。

 運営側を挟むやり取りが基本。直接取引はしない

でも、そんな心配は不要です。基本的にクラウドソーシングには運営会社があります。運営を挟んだうえでの受注側と発注側の取引になるので、顔が見えないからと言ってリスクが大きいわけではありません。運営側が存在するクラウドソーシングだからこそ安心できるシステムやサービスもきちんと揃っています。個人で直接仕事を引き受けていれば一人で解決しなければならないようなケースでも、クラウドソーシングなら運営側があるがゆえに対処しやすく、在宅ワーク初心者には安心です。

クラウドソーシングで安心して仕事ができるその理由

f:id:k_kamon:20190111115439j:plain

報酬の未払いを避けるための仕組みができている

クラウドソーシングにおける報酬の支払いでは、受注側が発注側に口座情報などを渡して支払いを依頼する必要はありません。多くのクラウドソーシングでは、案件が完了する前に仮払いというかたちで運営側があらかじめ発注側の予算を確保する仕組みをとっているため、仕事をしたのに報酬が支払われないといった事態も起きません。

発注側の身元確認にも各サイトで工夫がある

発注側の情報に関しては、各クラウドソーシングサイトで違いはありますが、発注側に対して身元確認を義務付けているケース、身元の確認済みであるかどうか受注側にわかるように開示するケースなど、受注側の安心につながるさまざまな仕組みが導入されています。案件におけるやりとりは基本的にクラウドソーシングを介してのみ行いますので、受注側が発注側に個人情報を開示することはありません。やりとりの中で、名前、電話番号、住所などを尋ねられたり、クラウドソーシングを介さない直接取引を持ちかけられたり、別サイトでの個人情報の登録を迫られるなどがあれば、それは警戒すべきサインです。

サポートデスク、Q&Aなども充実している

サイトによっては、やり取りの中で困った時にメールで相談できるサポートデスクを設けているところもあります。また、起こりがちな困りごとをQ&Aにまとめて閲覧できるページがほとんどのサイトにあります。トラブルに巻き込まれそうになった場合でも、個人で対処するのではなく運営側を通すことができるので安心です。

リスク回避のために心がけておくべき点

運営を挟んでいるぶん直接取引のリスクはある程度おさえられますが、リスク回避のために、クラウドソーシングを始める際は必ず受注側も利用規約をしっかりと読んでおきましょう。案件については、受注する前に条件などを念入りに読み、しっかりと把握して納得しておくことが大切です。そうでないと、途中で行き違いやトラブルが生じた場合、何が原因になっているのかを見極めにくくなります。そして、おかしいと感じた時、わからないことが出てきた時、絶対に放置しないこと。顔が見えないクラウドソーシングでは特に、以上の点を心がけておくと安心です。

 

丁寧に仕事を選び、丁寧なやりとりをすれば、悪質な例外をのぞいてほとんどのクラウドソーシング案件は安心して受注できます。在宅ワークを始めたいけれど相手との取引に不安があるという方はぜひ、前述の注意点を心がけたうえでクラウドソーシングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.