シュフティ ブログ - shufti Blog

クラウドソーシングサイト「シュフティ」の公式ブログです。

クラウドソーシングで仕事をすると雇用形態はどうなるの?

f:id:k_kamon:20181120184322j:plain

人材と仕事をオンライン上でマッチングする、クラウドソーシング。場所や時間を選ばずに働くことができるため、子育てや家事の間の隙間時間に働いて少しでも稼ぎたいと考える主婦、会社に勤めるかたわらで副業をしたいサラリーマンなどを中心に、クラウドソーシングで仕事をしたい人は近年急増しています。では、クラウドソーシングで仕事をする場合、一体どのような雇用形態になるのでしょうか? 今回はこの点について考えてみたいと思います。

クラウドソーシングで働く=フリーランス扱いになる

クラウドソーシングでは雇用関係が発生しない

基本的に、クラウドソーシングの仕事で雇用関係は発生しません。社員でもなければ、アルバイトやパートでもありません。正規、契約、アルバイトなどの雇用形態が存在しないため、立場としてはフリーランスになり、業務委託という形で仕事を受注することになります。会社勤めのサラリーマンをしながら副業でクラウドソーシングをする人は、会社員の立場とフリーランスの立場、両方を持つことになります。

同じフリーランスでも納税面に違いが出てくる

ただ、クラウドソーシングで働く人すべてが「フリーランス」であるとはいえ、一括りにはできません。まず先述のように、フリーランス以外の立場(正社員、派遣社員、アルバイト、パートなど雇用関係のある職)を持っているか、持っていないか。さらに、どれだけ働くか、稼ぐかなどによっても、いくつかのタイプに分かれます。会社員と同等の収入を得ることを目的とする、言わば「フリーランス一本」で生計をたてる人。夫の収入など家計の主収入は別にあり、その補助やお小遣い稼ぎ程度の収入を目的とする人。フリーランスの事情もさまざまです。

このように、同じクラウドソーシングで働くにしても少しずつ違いがあります。そして、必ず押さえておきたいポイントが、その違いによって「所得税の納税に影響が出る」ということです。ここを知らずしてクラウドソーシングを始めると、人によっては予想もしなかった落とし穴に落ちてしまうことになるからです。

確定申告が必要なのは所得38万円から?

仕事がクラウドソーシングのみの場合の確定申告

会社員やパートなど雇用関係が発生する仕事を持たず、クラウドソーシングのみで仕事をする場合、基本的に税務署への所得税の確定申告が必要となるのは「収入から諸経費を引いた所得が38万円を超える場合」です。38万円ぴったりであれば不要で、38万1円以上になれば必ず確定申告をしなければなりません。 

なぜ38万円という半端な金額なのでしょうか? 簡単に説明してみましょう。

確定申告をする際には、いくつかの「控除」が設定されています。そのなかでも「基礎控除」と呼ばれる控除は、無条件ですべての人に適用される控除となっています。その基礎控除の控除額は一律で38万円。ですから、収入から諸経費を引いた所得が38万円以下の場合、基礎控除が適用された時点で課税の対象となる所得(課税所得と言います)が0円あるいはマイナスになってしまうため、確定申告の必要がなくなるというわけです。

例えばクラウドソーシングで年間50万円の収入を得て、経費が15万円という人の場合。収入50万円−経費15万円−基礎控除38万円=課税所得▼3万円とマイナスになるため、確定申告は不要です。クラウドソーシングで年間100万円の収入を得て、経費が30万円という人の場合は、同様の計算で課税所得が70万円となるため、確定申告が必要となります。

他に給与所得がある場合の確定申告

一方で、会社員、パートやアルバイトなど、クラウドソーシングでの収入以外に給与所得を他から得ている人は少し違ってきます。この場合、確定申告が必要となるのは、「収入から諸経費と所得控除(基礎控除を含む)を引いた所得が20万円を超える場合」です。課税所得が20万円ぴったりであれば、所得税の確定申告の対象にはなりません。

クラウドソーシングを始める際の大事なポイント

f:id:k_kamon:20181120184436j:plain

専業主婦は配偶者控除や社会保険に気をつけて 

また、納税でのこのような違いを覚えておくのと同時に、専業主婦の場合はもうひとつ注意しておきたいことがあります。それは、夫が配偶者控除を受けている場合です。確定申告の必要が出てくる「38万円を超える」所得になると、配偶者控除は受けられなくなります。さらに所得が大きくなっていけば、夫の社会保険の扶養から外れる可能性も出てきます。扶養から外れてもいいのでガンガン稼ぎたい!という人は問題ありませんが、配偶者控除や社会保険は現状のまま、ただお小遣い稼ぎをしたいだけと考えているのであれば、知らず知らずのうちに望まない状況に陥らないよう気をつけたいところです。

クラウドソーシングをする目的や理想の働き方を明確に

ほかにも、クラウドソーシングを始めるにあたり、個人事業主として開業届を出すか出さないか、出すのなら青色申告の申請をするのかしないのか、といった点でもさまざまな違いが出てきます。何を目的にクラウドソーシングをするのか。どのような立場で、どのくらい稼ぐのが自分にとってベストであるのか。クラウドソーシングを始める際はぜひ、そのようなポイントを整理し、働き方をプランニングすることをおすすめします。

アンケート、ライティングなど
誰でもできる在宅ワークをするならシュフティ

会員登録する(無料)

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.