シュフティ ブログ - shufti Blog

クラウドソーシングサイト「シュフティ」の公式ブログです。

在宅でできる内職とクラウドソーシング。2つはどう違う?

f:id:k_kamon:20181108125251j:plain

在宅で働くという選択が、少しずつ浸透し始めている昨今。フリーランスとして会社員レベルに稼ぐことを目的にするケースもありますが、主婦業や子育てのかたわらで「家計の補助」あるいは「お小遣い稼ぎ」のために在宅で仕事をしたいと考える人もたくさんいます。今回は、在宅で行うお小遣い稼ぎについて考えてみたいと思います。

在宅仕事の定番。でも意外と知らない「内職」のこと

高度経済成長期に製造業を支えた内職

「家にいながらできる、ちょっとした家計の足しになる仕事」と聞いて、みなさんはどんな仕事をイメージするでしょうか? 

若い世代の方にはピンとこないかもしれませんが、在宅でできる比較的簡単な仕事といえば、家内労働=内職が長年の定番。おもちゃのゴム人形に目を描き入れたり、封筒を貼ったり、機械の部品を差し込んだり・・・そんな内職シーンを、どこかで目にしたことがあるかもしれませんね。かつての高度経済成長期には、こうした内職が多くのものづくりの現場を支えてきました。

内職には「家内労働法」という国の法律がある

内職(家内労働)は、「家内労働法」という国の法律のもとで行われます。家内労働法では、家内労働手帳(工賃や委託条件などを明記する用紙)の交付の義務付け、最低工賃、安全基準などについて規定しています。このような規定を法律で定めている理由は、内職に従事する人を守るため。不当な工賃を提示されること、工賃の不払いや予告なしの委託打ち切りなどを防ぐことを目的としています。

単価○銭といった案件も。工賃は概して低め

家内労働法というセーフティネットがある点。また、基本的に手作業で行う単純作業であるため、特別なスキルや知識を持っていない人、働くことにあまり自信がない人など、どんな人でも始めやすい仕事が多い安心感も、内職のメリットです。

一方で、報酬が全体的に低く設定されていることは否めません。先述の通り内職については、家内労働法に基づいて、厚労省あるいは各地域の労働局によって最低工賃が定められているケースがあります。各地域によって多少の差はあるものの、部品を差し込むような単純作業の1工程で概ね1円、2円程度。なかには○銭といった「銭」単位での作業もあります。少し単価の高い縫製関係の作業でも、1工程で10円前後といったところです。

内職探しにクラウドソーシングをおすすめする理由

f:id:k_kamon:20181108125634j:plain

 

クラウドソーシングには内職的な仕事もたくさん 

自身の条件にフィットしており、納得感をもって内職ができる場合はもちろんよいでしょう。ただ、「在宅でもっと稼ぎたい」「できる範囲で単価を上げたい」「在宅でできる単純作業は内職しかない・・・?」と思っているのなら、検討の余地あり。内職のように誰でも挑戦でき、自身のできることに合わせて単価を選び、スキルアップも可能なクラウドソーシングもおすすめです。 

クラウドソーシングとは、インターネットを通して不特定多数の群衆(クラウド)に向けて仕事を募集し、働きたい人と仕事のマッチングを行うサービス。パソコンやスマホ、ネット環境が必要ではありますが、それさえ持っていれば誰でも仕事に応募できます。募集される仕事はひと言で言って、とにかく多種多様。業種や業務内容が多様であるだけでなく、仕事のレベルもハイスキルなものから簡単なものまで本当にさまざまです。つまり、いわゆる内職をそのまま現代版に置き換えたような単純作業の募集も、多々揃っているということです。

内職よりも単価が幅広く、仕事の選択肢も多い

内職と似たような仕事なら、どちらをやっても同じじゃないの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。クラウドソーシングには、それ特有のメリットがあります。 

まずひとつに単価面。内職よりも「高いor安い」という判断はできませんが、クラウドソーシングなら募集されている仕事が多岐にわたるぶん、単価の幅が大きく、自分のできることに合わせて最大限によい条件、最大限に稼げるものを選ぶことができます。○件分まとめて○万円といった価格提示のものも多いので、より得意なもの、スピーディーにこなせるものを選べば、時給が上がります。さらに、数をこなして経験値とスキルが上がっていけば、より報酬の高い仕事へとステップアップしていくことも可能でしょう。

 場所をとらない&選ばない働き方が可能

また、物理的なメリットもあります。内職は主に手作業で部品や物品を扱うため、それなりに場所をとりますし、在宅で行うほかありません。その点クラウドソーシングなら(商品発送や梱包などの仕事でなければ)、場所をとらないうえに、場所を選ばないというメリットもあります。在宅で行うこともできれば、パソコンを持ってカフェなどで仕事をすることもできるのです。

クラウドソーシングのなかで、内職的な要素が強く初心者でも始めやすいものには、例えばデータ入力やアンケート回答などがあります。ほかにもたくさんの仕事がクラウドソーシングには掲載されていますので、内職を考えている方、在宅でできる仕事を探している方はぜひ一度、実際に見てみてはいかがでしょうか。

copyright © ULURU.CO., LTD. All rights reserved.