shufti Blog

クラウドソーシングサイト「シュフティ」の公式ブログです。

「自宅で仕事」のハードルは下がっている!必要なモノと心構えは何?

f:id:k_kamon:20180907110725j:plain

外に出勤するしかほぼ選択肢がなかった頃に比べ、ITがめざましく発展した今は、自宅で仕事を請け負うことを、気軽にスタートできる時代になりました。

少し重めのデータを扱うとたちまちネットがフリーズし、なかなか作業が進まない。パソコンまわりには何本ものケーブルが絡み合って混線している。そして、自宅で作業をするためには、必要なファイルをいちいちディスク(筆者が働きはじめた頃はフロッピーディスクでした…!)にコピーしなければならない・・・そんな懐かしの時代を思うと、自宅でサクサク仕事ができる今はなんて便利な世の中なのでしょう!

では具体的にどのような点が、「自宅で仕事をする」ということを可能にしているのでしょうか。自宅で快適に仕事をするために必要な、基本のポイントを3つお伝えしたいと思います。

 自宅で仕事をするために必要な基本の3つ

①光回線などでサクサクつながるネット環境

先に述べたように、ネットへの接続が弱く、事あるごとにフリーズしたり待たされていては仕事になりません。電話回線を使用したインターネット接続から、現在は光をはじめとするブロードバンド回線が主流になりつつあります。光回線の回線速度は、少し前に主流だったADSL(電話回線)に比べると何十倍も速くなっています。容量の大きなデータのダウンロードや送信も容易です。近年はマンションやアパートも光回線に対応しているところが増えています。仕事でネットを利用することを考えた場合、よりストレスの少ないネット環境を整えることが自宅仕事をスムーズにする肝になると言えるでしょう。

②仕事のスタイルや内容に適したパソコン

業務によってはスマホやタブレットで済むものもあるかもしれませんが、事務系の案件に関しては、まずパソコンは必須でしょう。決して安い買い物ではないにせよ、ひと昔前に比べればパソコンもさほど大きな買い物ではなくなりました。というのも、近年は国内に限らず外国とくにアジア各国のさまざまなメーカーのパソコンが流通しているため、予算や必要なスペックに合わせて幅広く選べるようになっています。中にはハイスペックながら手頃な価格で買えるものもたくさんあります。 

では、どのようなパソコンが適しているのか? それは仕事のスタイルや内容で違ってきます。例えば、常に自宅の一定の場所でしか作業しないのであればデスクトップ型が安心かもしれませんし、自宅内で部屋を移動する、あるいは外で仕事をする日もあるというのなら、持ち運べるノートパソコンが必要です。WindowsかMacかといったOSの違いも業務内容による部分が大きいです。もし仕事をスタートするために購入するのであれば、自身がどのようなスタイルで、どのような仕事をしたいのか考えたうえでじっくり検討しましょう。

③業務を行うために必要なソフトやツール

最近は仕事のやりとりにおいて、従来のメールに加えてコミュニケーションツールを利用するケースが増えています。メッセージやファイルのやり取り、タスクの管理、web会議(オンラインで複数人が資料などを共有しながら会議できる)など、機能はさまざま。発注元から「○○でのやり取りをお願いします」とコミュニケーションツールを指定されるケースもよくあるので、仕事をスタートする段階で少しずつ使い勝手のよいものを探していけばよいでしょう。 

一方、ソフトのほうは業務内容によって必要なものが異なります。Excel、Word、PowerPointといったベーシックなソフトも、必ずしも使うかどうかわかりません。こちらもツールと同様で、仕事をはじめる段階あるいは仕事をしながら増やしていくほうが合理的。オンラインで契約してすぐに使えるソフトも多いので、必要になった時点で購入するので十分です。

環境を整えたうえで「心構え」も忘れずに!

f:id:k_kamon:20180907110729j:plain

緩くでもいいのでマイルールを決めておこう

こうした3つのポイントを押さえて環境さえ整えれば、案件を探してすぐに自宅で仕事をはじめられます。ところが、万事それでスムーズに快適に!というわけにはいきません。自宅が仕事場になるということは、それなりの心構えが必要です。 

自宅で仕事をするということは、場所も時間も縛りがない状態です。自由で働きやすい反面、自身でしっかりコントロールしなければ、結果として望まない働き方に陥ってしまうかもしれません。ダラダラと長時間仕事をしてしまう、メリハリのない生活、家が仕事のものでぐちゃぐちゃ・・・それでは、自宅での仕事がかえってストレスになってしまうのではないでしょうか? そうならないためにも、ある程度は就労時間を決めておく、土日は休む、1日の終わりにデスクを片づけるなど、自分なりのルールを緩くでも決めておくことをおすすめします。

アンケート、ライティングなど
誰でもできる在宅ワークをするならシュフティ

会員登録する(無料)