shufti Blog

クラウドソーシングサイト「シュフティ」の公式ブログです。

働き方が多様化する今。注目される在宅ワークとは?

f:id:k_kamon:20180824155313j:plain

在宅ワークとは文字通り、「在宅で仕事をすること」。請け負う仕事は基本的に、パソコンなどの情報機器とインターネット環境を利用して行う業務になります。企業と雇用関係は結ばずに仕事を受託し、自宅やそれに準ずる場所で仕事をするため、雇用関係のある会社員が自宅で仕事をする在宅勤務とは異なります。

内職と在宅ワークは違うもの? 在宅ワークとは

パソコンとネットを利用して、自宅やカフェで作業するのが在宅ワーク

在宅ワークと聞いて、「在宅で仕事をすること」を想像した方、もちろん間違いではありません。ただ、明確な定義はないものの、在宅ワークというのは家内労働(いわゆる内職)とは区別されるのが一般的です。また、会社員が出社せずに自宅で仕事をする在宅勤務とも異なります。

では、在宅ワークとはどのような働き方を指すのでしょうか?

在宅ワークとは、雇用関係は結ばずに、企業などから仕事を受託し、自宅やそれに準ずる場所で仕事をする働き方です。自宅に準じる場所というのは、例えばカフェやコワーキングスペースなど。最近では、図書館などの公共施設でパソコンを持ち込んで作業できるパソコン利用コーナーを設けているところもあり、そんなところも仕事場になるのが特徴です。そして、内職と異なるポイントこそ、この「パソコン」。在宅ワークで担う仕事は基本的に、パソコンなどの情報機器とインターネット環境が必須となります。

開業届けを出さずに、お小遣い稼ぎでもOK 

会社と雇用関係を結ばずに仕事を受託して報酬を得ますので、個人事業主になることができますが、かならずしも開業届を出す必要はなく、あくまで主婦業の副業として在宅ワークを選択する人もたくさんいます。とはいえ利益額によっては、お小遣い稼ぎ感覚でも確定申告が必要になることを覚えておきましょう。

自由度の高さが在宅ワークの魅力!

f:id:k_kamon:20180824155319j:plain

通勤ナシ時間の縛りナシ!で効率的に仕事ができる 

在宅ワークには、どんなメリットがあると思いますか?

まず、「在宅」というくらいですから、通勤の必要がありません。単純に通勤の時間が不要であることはもちろん、通勤に関わる手間や準備、身だしなみを整えたりお化粧をしたり、通勤のための洋服を揃えたり、といったことも不要なのが利点です。忙しい時は自宅で、少し気分を変えたい時や外出の予定がある時はカフェで・・・という具合に気分やスケジュールで仕事場を変えられるのは、作業の効率やモチベーションにも大きく影響するのではないでしょうか。

そしてもうひとつのメリットが時間の自由度。基本的に作業時間はいつでもよいのが在宅ワークです。案件によっては「○時〜○時の間」というように緩く時間指定される場合はありますが、決まった長時間に拘束されるようなことはほぼないといってよいでしょう。そのため、家事や用事のあいだの空いた時間を仕事にあてることができ、効率的に時間を活用することができます。

仕事量や内容のコントロールも自分で

場所と時間の自由度の高さのほかにも、在宅ワークにはさまざまなメリットがあります。仕事の量を自分自身で調整できるのもそのひとつ。たとえば、「この時期は子どもの学校が休みになるから少なめにしよう」あるいは「来月は予定が少ないから多めに働こう」など、スケジュールに合わせて増減することが可能です。また、最初は現状のスキルでできることからスタートし、経験を重ねていくことで、より報酬の高い仕事にチャレンジできるのも在宅ワークの魅力です。

このように、ボリュームや内容といった「仕事の舵」を自身でコントロールできるのは、在宅ワークならでは。アルバイトやパートでは、この部分を自由に調整するのは難しいものです。

 家事や子育て優先でも働きやすいのが在宅ワーク

場所や時間にとらわれず、仕事のボリュームや内容を自身でコントロールしやすい。そんな在宅ワークは、家事、子育て、介護、趣味などと両立しながら仕事もしたいという人に、実にフィットしやすい働き方ではないでしょうか。希望の報酬を得るためには、努力や工夫がもちろん欠かせません。いずれステップアップしていくことを考えて、まずは今できそうな仕事から気軽にトライしてみることをおすすめします。

アンケート、ライティングなど
誰でもできる在宅ワークをするならシュフティ

会員登録する(無料)