shufti Blog

クラウドソーシングサイト「シュフティ」の公式ブログです。

在宅ワークでスキルアップして再就職へつなげたい

数年前まではエンジニアとしてフルタイムで働いていたかじやたけこさん。ハードながらも仕事と家庭を両立させていた彼女が会社を辞め、シュフティを選んだわけとは?真摯な姿勢で在宅ワークに取り組むかじやたけこさんに話を聞いてみた。

http://shufti-blog.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/08/65b952f7536919f7a238fcff5c4d7891.jpg

お金より時間。子供のことを考えた結果がシュフティの選択に。

現在は専業主婦をされているかじやたけこさん。そもそもシュフティを始めた経緯は?

今、小学生と幼稚園に通う子供がいるんですが、シュフティを始めたきっかけは2人のことを考えた結果ですね。以前はフルタイムで働くセールスエンジニアでしたので、フルタイムとなると保育園に預けながらというのが自然の流れですよね。

保育園に預ける分、土日はめいっぱい子供達と遊ぶようにしていました。でも、仕事と家事と子育て。。。自分では大変ながらもうまくいってると思っていたんですが結局体を壊してしまって。時間にも自分にも余裕がなかったんでしょうね。勤めていた会社はとても良いところだったので、時短勤務も可能だったんですが、それだと仕事が中途半端になってしまうし。

かといって、本腰入れてとなると、今度は家庭のことがほったらかしになってしまう…。でも、子供にすごく手がかかるのって小さい時だけじゃないですか?大変なのは今だけだよって言われるたび、私は逆に「いまの子供との時間を、大切にしたい」と思ったんです。それで主人とも話し合った結果、家庭に入ることを決めました。

ただ、毎月定期的にあった自分の収入が無くなると正直きついなと。お小遣いを主人から貰わなくてはいけないのも、何だか申し訳なくて。だからといってアルバイトをするにしても、シフトなどの問題で時間にも拘束されるし、準備する時間や通勤の時間も無駄。好きな仕事でもなければ、時給もそれなりだし…。だったら家でできる仕事を探そう!そう思って探していた時に見つけたのがシュフティでした。

http://shufti-blog.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/08/c50eae999d329e5801fa861a99bd2e5b1.jpg

ライティングを中心に月5万円の収入

現在シュフティでどんなお仕事をされているんですか?

ほとんどが記事の作成です。SNSに掲載するアプリやクイズ、恋愛ネタなど。リライト作業もあればオリジナルの文章も書いたりしています。他にもクライアントさんから指定されたテーマに沿っての記事だったり、ブログの作成だったり、本当に多種多様ですね。

記事を作成する前には、そのテーマについてしっかり調べるので自分が知らなかったことでも必要以上に詳しくなったり。シュフティのお蔭で色々な知識を得ることができています。一度、待ち合わせスポットを撮ってくるなんてお仕事もありましたね。

ということは、これと言って仕事内容を決められているわけではないんですね。

そうですね、基本的にはお仕事の単価を見ながら決めているので。ただ、やっぱり簡単な仕事を選べば単価が低くなるので必然的に量も増えるし、逆に単価が高い仕事を選べばたくさん条件があったり、難しかったり…市場の原理ですね。

なるほど。では、月にどれくらいの量のお仕事をされているんですか?

記事の量はその月その月で様々。週ごと納品の案件もあれば、期日なしで20記事溜まったら納品という仕事もあるので、目安としては月5万円程度稼げるペースで見積もりを出すようにしています。時間で言えば1日1~4時間くらい。お小遣い稼ぎで始めたわけだし、このくらいが無理のない量かなって。生活しているうえでも全く負担にならないので、そこで落ち着いたという感じですね。時間に拘束されず、趣味の園芸の時間もあって、とても時間を有効に使えていますよ。

http://shufti-blog.s3.amazonaws.com/wp-content/uploads/2013/08/2ea925f88de79767c413fe4ac24908d41.jpg

在宅ワークの実績を活かして再就職へつなげたい

充実されているんですね。時間の有効活用がかじやたけこさんにとってのシュフティの良いところですか?

そうですね。自分の空いている時間をうまく活用しながらできる仕事という部分はとても魅力的だと思います。他にも仕事内容がバラエティに富んでいるのは嬉しいですね。記事の作成ひとつにしても、毎回同じテーマの記事作成ばかりでは飽きてしまうし、それ以前に、ネタが尽きて書けなくなってくるんです。そんな時はテーマが違う案件を選べばいいだけ。私自身、英語が得意なので翻訳のお仕事を狙っているんですが、競争率が高くて…。もっと翻訳のお仕事増やして下さい(笑)。

頑張ります(笑)。ところで、シュフティを上手に活用されていらっしゃいますが、今までシステム面やクライアントさんとの問題はありませんでしたか?

特にありませんでしたね。シュフティというだけあって主婦向けだと思います。初めて使う人でもわかりやすいのではないでしょうか。

ただ、“見積もり”を出すことに関しては、安く出したほうが発注されるのかな?と思って、始めたばかりの頃は安めに出していました。安く出し過ぎて「もう少し高くして下さい」なんて言われることも。クライアントさんとは問題というか、私の認識が甘かったんでしょうね。“参考サイトからのオリジナル記事作成”のお仕事だったんですが、参考にし過ぎて原文と被るところが多々あって…。

もちろん、記事作成でコピペは厳禁。クライアントさんから厳しく指導を受けてめげそうになったこともありました。ですが、そこで諦めなかったお蔭で、今ではよくお仕事を頂いています。

最後に、シュフティへの要望はありますか?

子育てがひと段落したら再就職したいので、無職の期間にシュフティでの経歴を書ければいいなと思います。シュフティの社会的認知度がもっと高くなって、TOEIC何点みたいに、シュフティでの実績○○件、評価いくつみたいな感じで職務経歴書に書けるようになるといいですね。実際、シュフティで多くの知識を学ぶことができているし、スキルアップにも繋がっています。将来的には、シュフティが再就職支援になるような在宅ワークになることを願っています。

シュフティを活用して出産・育児後の再就職がスムーズになる。まさに事務局としても理想とする姿です。早くその理想の姿に近付けるように頑張ります!本日はインタビューにお受けいただきありがとうございました。

ユーザー名
かじやたけこ シュフティプロフィール
経歴
理系大学卒業後、一部上場製造業において10年間セールスエンジニアとして活躍。出産・子育てを機に在宅ワーカーへ。ブラインドタッチや資料作成はもちろん、学会論文、特許、学術誌への記事掲載などの経験も多数。
インタビュー実施日
2013年8月7日